【住信SBIネット銀行】同棲カップルや夫婦は定額自動入金で家計管理しよう!

共同口座
あんこ
あんこ

毎回2人の共同口座に振込むの面倒だなぁ…。

同棲カップルや新婚さんの悩みの一つ「共同口座への振込めんどくさい」問題!

加えて下記のようなお悩みってありますよね。

共同口座への振込自体を自動化できないの?
振込を忘れてしまうことがあるんだよね…。
そろそろ貯蓄用の共同口座を作りたいな…。

そういうときは…

しらたま
しらたま

「住信SBIネット銀行」を使ってみるのはどうかな?

あんこ
あんこ

住信SBIネット銀行?

今回は、共同口座として住信SBIネット銀行を使うことを紹介します。

この記事では…

住信SBIネット銀行とは?
どういう点が便利なのか?
デメリットはあるのか?
具体的な使い方は?

を紹介しています。

しらたま
しらたま

共同口座として「住信SBIネット銀行」を使う生活を想像していこう~!

【この記事でわかること】
・住信SBIネット銀行とは
・便利な点とは
・デメリットとは
・具体的な使い方は


【おすすめ記事】転職するなら同棲中?結婚後?


住信SBIネット銀行とは?

あんこ
あんこ

住信SBIネット銀行ってなに?

住信SBIネット銀行とは、三井住友信託銀行とSBIホールディングスを出資会社とするネット銀行です。

ネット銀行とは?
リアル店舗や専用ATM、通帳をもたないネットのみで完結する銀行を指します。

しらたま
しらたま

ネットで完結するから振込むためにATMにいかなくてOKだね!

共同口座として住信SBIネット銀行をおすすめする理由は?

あんこ
あんこ

住信SBIネット銀行を使うと何が便利なの?

住信SBIネット銀行を利用する便利ポイントは下記3点です!

  1. 自動で定額入金・定額振込ができる
  2. 振込手数料やATM手数料が無料にできる
  3. 目的別の口座を複数つくることができる
しらたま
しらたま

1つずつ見ていこう~!

自動で定額入金・定額振込ができる

住信SBIネット銀行は、「定額自動入金」と「定額自動振込」ができるのが特徴です。

定額自動入金とは?
自分名義の他行口座から自分名義の住信SBIネット銀行の口座に毎月定額で自動的に入金できるサービスです。
そしてなんと手数料は無料です。

定額自動振込とは?
自分名義の住信SBIネット銀行の口座から他人名義の他行口座に毎月定額で自動的に振込むことのできるサービスです。

スマプロランクに応じて月1~15回手数料が無料になります。
※同行および三井住友信託銀行の口座宛の場合は何度でも無料になります。

下記を前提として、

  • 彼氏と彼女がそれぞれ、住信SBIネット銀行の口座を持っている
  • 彼氏名義の住信SBIネット銀行の口座で生活費を支払う

具体的な活用方法は、

  1. 「定額自動入金」を使って給与を受け取っている他行の彼氏名義口座から、毎月彼氏が入金する生活費を彼氏名義の住信SBIネット銀行に入金する。

  2. 「定額自動入金」を使って給与を受け取っている他行の彼女名義口座から、毎月彼女が入金する生活費を彼女名義の住信SBIネット銀行に入金する。

  3. 「定額自動振込」を使って同行の彼女名義口座から、毎月彼女が入金する生活費を彼氏名義の住信SBIネット銀行に振込む。

こうすることで、すべて無料かつ自動で毎月の生活費を共同口座に入金することができます。

振込手数料やATM手数料が無料にできる(安い)

住信SBIネット銀行は、同行への振込手数料は無料で、他行への振込はスマプロランクによって一定回数無料となります。

ATM利用の手数料に関してもスマプロランクによって一定回数無料となります。

仮に手数料がかかってしまったとしても下記の通り手数料がとても安いことも特徴です。

  • 他行口座への振込 157円
  • ATM利用手数料 110円

目的別の口座を複数つくることができる

住信SBIネット銀行は、最初に口座開設をすると「代表口座」が作られます。

その代表口座の下に紐づく形で、それぞれの目的に合わせた「目的別口座」を最大5口座作ることができます。

子どもの教育費用、老後資金用、旅行用など様々な目的の貯蓄用口座を作ることができるため、住信SBIネット銀行1つで生活費の支払いと今後の貯蓄を管理することができます。

住信SBIネット銀行のデメリットは?

あんこ
あんこ

住信SBIネットネット銀行のデメリットって?

しらたま
しらたま

正直大きなデメリットはないけど、強いてあげるならこれかな?

  1. メガバンクや地方銀行のATMでは利用することができない
  2. 目的別口座からATM出金や振込はできない
  3. ネット銀行であるため対面での手続きや相談はできない

メガバンクや地方銀行のATMでは利用することができない

住信SBIネット銀行は、全国のコンビニやスーパーにあるATMで24時間365日いつでも利用することができます。

しかし、メガバンクや地方銀行のATMでは利用することができません。

正直コンビニのATMでいつでも利用できるなら大きな問題ではありませんね。

目的別口座からATM出金や振込はできない

住信SBIネット銀行の「目的別口座」から直接ATM出金や振込はできません。

出金や振込をする場合は、一度「代表口座」に振替を行ったあとで出金や振込をしましょう。

振替の操作もスマホでできるためスムーズに行うことができます。

ネット銀行であるため対面での手続きや相談はできない

住信SBIネット銀行は、ネット銀行であるため実店舗がありません。

そのため対面での手続きや相談をすることができません。

もちろん、Webで問い合わせることやQ&Aも充実しているため問題ないように感じます。

住信SBIネット銀行の使い方は?

あんこ
あんこ

住信SBIネットネット銀行って具体的にどう使うの?

  1. 2人の生活費を「定額自動入金」で共同口座に自動で入金する
  2. 住信SBIネット銀行に紐づいている「ミライノデビット」で生活費を支払う
  3. 「目的別口座」で将来のお金を貯める
しらたま
しらたま

住信SBIネット銀行ひとつで生活費の支払いと貯蓄が一緒にできるよ!

あんこ
あんこ

ん?「ミライノデビット」ってなに?

ミライノデビットとは?

しらたま
しらたま

住信SBIネット銀行のデビットカードだよ!

ミライノデビットとは、デビットカードとキャッシュカードが一体になっているカードです。

年会費は無料でクレジットカードのような審査はなく発行することできます。

デビットカードとは?

クレジットカードと同じように利用することができるが、利用したと同時に口座から決済されます。
そのため、口座残高以上の支払いをすることができないのが特徴です。

ミライノデビットは種類がありますが、無料でポイント還元率が比較的高い「Mastercardブランドのミライノデビットを薦めます。

年会費はもちろん無料で、ポイント還元率0.8%と比較高い還元率を実現しています。

>>その他ミライノデビットの詳細はコチラから

ポイント還元率の高いデビットカードは?
楽天銀行デビットカードはポイント還元率が1.0%と非常に高い還元率です。
共同口座として楽天銀行もおすすめなので、下記記事にて紹介しています。

ミライノデビットとKyashを組合わせて使おう!

しらたま
しらたま

ミライノデビットはKyashと組み合わせると便利だよ!

あんこ
あんこ

Kyashと組み合わせる?

Kyashにミライノデビットを紐づけることで、ミライノデビットとほぼ同様の使い方をすることができるようになります。

詳細はコチラの記事で確認してみてください。

住信SBIネット銀行はどうやって口座開設するの?

あんこ
あんこ

住信SBIネット銀行の口座開設ってどうすればいい?

  1. 住信SBIネット銀行のアプリをダウンロード
     App Storeはコチラ
     Google Playはコチラ
  2. アプリから口座開設の手続きを行う
  3. 本人確認書類を撮影し提出
  4. 最短翌日に口座開設が完了
しらたま
しらたま

これで住信SBIネット銀行を活用していけるね!


さらにお得を追求するならクレジットカードを使おう!

あんこ
あんこ

もっとお得な支払方法ってある?

お得を追求するのであれば、クレジットカードを利用しましょう。


クレジットカードにもよりますが、基本的にデビットカードよりも高いポイント還元率となります。


さらに、特定のお店だとさらに高いポイント還元を受けることができるクレジットカードも多いのでお得感が強いですね。


しらたま
しらたま

クレジットカードでもKyashと紐づけることができるから2枚持ちが実現できるね~!

あんこ
あんこ

じゃあ、どのクレジットカードがいいの?

間違いなくポイントの使い勝手抜群の「楽天カード」一択です。

↓ みんなご存じの楽天カードですね。


\ 最高にお得なクレジットカード /

✅使い勝手抜群の楽天ポイントがサクサク貯まる
✅期間限定ポイントは楽天ペイ利用でお特に活用できる
✅楽天市場でさらにポイント還元率UP
✅クレジットカードでポイント獲得しながら積立投資可能
✅海外旅行傷害保険がついてくる
✅年会費完全無料で安心&お得

しらたま
しらたま

楽天カードは僕も愛用しているクレジットカードなんだよ~!


楽天カードの詳細は下記の公式から確認してみましょう。

年会費無料のクレジットカードなら「楽天カード」

コメント

タイトルとURLをコピーしました