同棲・二人暮らしの物件探しで必ず都市ガスを選ぶべき理由

ワンポイント節約術
あんこ
あんこ

都市ガスがいいって聞いたけどよくわからないんだよね…。

しらたま
しらたま

物件を探すときは「都市ガス」の物件を選ぼう!

【この記事に書いてあること】
・都市ガスとはそもそも何なのかが書いてある。

・都市ガスとプロパンガスの違いが書いてある。
・なぜ都市ガスが選ぶべきなのかが書いてある。
・都市ガス利用の平均額と筆者のリアルなガス代が書いてある。

都市ガスってなに?

都市ガスとは、人が多く集まっている都市で利用されるガスのことを指します。

都市ガスは地下にガス管を引いてそこから各家庭に直接ガスを供給しています。

なぜ都市限定なのかというと、ガス管を引くには初期費用が莫大にかかってしまうため、人が集まっている都市部でないと初期費用を回収できないことが理由です。

ガスの選択肢って何があるの?

①都市ガス(約6割)

全国の普及率が約6割程度の「都市ガス」

都市部の人が多く集まっている地域の地下にガス管を引いて直接供給する方式。

プロパンガスと比較して、ガス料金も安いことが多い。

賃貸の場合、大家さんに何も言わずとも自由に業者を変更することが出来る。

②プロパンガス(約4割)

全国の普及率が約4割程度の「プロパンガス」

業者が直接ガスタンクを各家庭に配送し、家庭に設置されたガスタンクからガスを供給する方式。

都市ガスと比較して、ガス料金が高いことが多い。

賃貸の場合、物件全体でプロパンガスにしているため大家さんの許可が必要。

基本的に変更が難しいことが多い。

都市ガスとプロパンガスの違いは?

プロパンガス都市ガス
供給方法ガスのタンクガス管から直接
災害強い弱い
料金高い普通
業者選び自由自由
料金幅業者によって大きく異なる業者によって異なる

都市ガスは公共料金であるため料金が比較的安い

都市ガスはプロパンガスと比べて、料金が安いことが多いです。

その理由のひとつに料金の体制が違うことが挙げられます。

都市ガスは公共料金であるため、料金の設定や変更には行政の許可をもらわなければ決められません。

しかし、プロパンガスは公共料金ではなく「自由料金」なので、業者が自由に価格を決めたり変更したりすることが出来ます。

そのため、プロパンガスは料金が高く設定されていることも少なくありません。

まず料金の体制が違うので、都市ガスとプロパンガスで価格帯に大きく差があることを覚えておきましょう。

都市ガスは賃貸でも業者変更が容易

賃貸の場合でも都市ガスの業者切り替えは容易に行うことが出来ます。

もちろん、プロパンガスでも変更することは可能ですが、物件全体がプロパンガスであるため大家さんの許可が必要です。

大家さん視点からすると、プロパンガスの業者を変更する手間も費用も大家さん負担なので正直プロパンガスの場合の業者変更は難しいです。

それでも、一度大家さんに相談してみるのも手です。

都市ガスはプロパンガスに比べて災害に弱い

都市ガスはガス管からガスを供給しているため、災害が起こりガス管に問題が発生した場合、ガス供給が止まってしまいます。

しかし、プロパンガスは各家庭に設置されているガスタンクからガスを要求しているので、災害に強いと言えます。

都市ガスの料金体系は?

「基本料金」と「従量料金」の2つで構成されています。

この2つの料金の合計が毎月請求されるガス代となります。

基本料金

基本料金は、ガスの使用量に関わらずかかる料金のことを指します。

業者によって基本料金も異なります。

基本料金0円というところもありますが、その分従量料金に組み込まれているので自分たちのガスの使用量を加味して業者を選びましょう。

従量料金

ガスの使用量によってかかる料金のことを指します。

こちらも業者によって従量料金も異なります。

業者選びのポイントは、「どれくらいガスを使用しているか?」が重要になります。

そのため、自分たちが毎月どれくらいのガスを使用しているのか把握しておきましょう。

同棲・二人暮らしの都市ガスの料金は?

都市ガスの平均額は?

二人暮らしの都市ガスのガス代平均は、約4,000円程度。

プロパンガスと比べて圧倒的に安いですね。

筆者のリアルなガス代は?

僕らも同棲・二人暮らしをしているので、ガス代は参考になると思います。

僕らの1年間の水道光熱費をまとめられているので、こちらも参考にしてみてください。

おわりに

いかがでしたでしょうか?
同棲・二人暮らしの物件探しで必ず都市ガスを選ぶべき理由は参考になれたでしょうか?

「陽だまりブログ」では、同棲をしようと考えている人や同棲中の悩みを解決するためのヒントになるような情報を発信していきます。

今回ボリューム的に話しきれなかったことも沢山あるので、ぜひ「お気に入りに追加」にして記事が更新されたら読みに来てくれたら嬉しいです。(Twitterもやってますコチラ

以上、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました